人よしライフ

タイ古式マッサージ店オーナー 宮崎 慧さん

top > 移住者インタビュー > タイ古式マッサージ店オーナー 宮崎 慧さん

タイ古式マッサージ店オーナー 宮崎 慧さん

2019.03.06

宮崎 慧(みやざき さとし)さん

出身地 静岡県
移住年 2018年

インド香の香りと落ち着いた照明が心地良い店内。人吉球磨地域では初となるタイ古式マッサージ店を営む宮崎 慧さん。
タイ古式マッサージは、ヨガや指圧、整体などの流れをくむもので、手のひらやヒジ、ヒザや足など体のさまざまな部分を使い、全身の筋肉を刺激するもの。

日々の疲れを取り、リラックスしたいという方が増えています。

 

■自分たちの店を持つため沖縄からへ移住

両親が人吉市出身で私も人吉市で生まれました。両親の仕事の関係で就職までは静岡県や東京都、熊本県八代市で生活。その後、人吉市に移住するまでは沖縄で5年間生活していました。

マッサージをなりわいとする前は、建設関係の仕事に従事。マッサージは、親戚がマッサージ好きで連れていってもらい、そこで興味を持ちました。

技術を本格的に取得するため、勤めていた会社を辞めタイのチェンマイに1カ月程度滞在し、リラクゼーションの勉強。タイ王国からも認定を受けています。

■奥さんと共に

奥様の美幸(みゆき)さんは沖縄県出身で、出会いは沖縄。同業ではありますが、それぞれ別の職場で働いていました。二人で人吉市に移住し、結婚。

現在の店舗兼住宅は、父母が所有する空き家兼店舗を自分たちでリフォームし、平成30年9月に営業を開始しています。

■日々の生活から

朝、愛犬の「バンクシー」と人吉城跡周辺などに散歩に出掛けるのが日課となりましたが、とても気持ちがいい。自然が多いと感じるし、景観がきれいというのがまちの第一印象です。ただ、人吉の夏は沖縄より暑いですね。

お客様や住民の方とのコミュニケーションである方言「球磨弁」は、現在勉強中です。
買い物などの外出時には、今はレンタサイクルなどを移動手段として利用していますが、車が必要だと感じています。それと散歩の時に感じたのですが、歩道が途中でなくなるのが少し気になりますね。新鮮野菜の直売コーナーを利用しますが、これは他地域と比べ安い。

 

■人吉市で暮らす

自分たちで店舗周辺の整備も計画中です。
人吉市は観光地として宿泊施設も多いため、そこと連携した事業展開なども視野に入れています。

タイ古式マッサージ店は沖縄では同業種の店が多く、競争もし烈でしたが、人吉球磨地方ではめずらしいので差別化が図れます。

リラックスした時間を、お店でぜひ体験してもらいたいですね。

 

 

人吉市おすすめ情報

人よしフォトギャラリー

お問合せ

熊本県人吉市役所企画課シティプロモーション推進室